【名門】横浜国立大学 経済学部に編入するのはどれくらい難しい?対策方法と難易度について

編入
この記事は約2分で読めます。

横浜国立大学は神奈川県にある国立大学で就職にも強い難関大学の一つです。

今回は横浜国立大学の編入試験に必要な対策方法を見ていきましょう。

<横浜国立大学の編入>試験日

試験日:11月下旬

<横浜国立大学の編入>試験内容

横浜国立大学の編入試験科目を見ていきましょう。

・TOEIC or TOEFL

・経済学Ⅰor経済学Ⅱ

小論文が無い為、独学でも合格しやすくなっています。

TOEICやTOEFLは事前に取っておきましょう。

TOEICで620点以上取る必要があります。

経済学ⅠやⅡは3か月程度で間に合います。
対策法は下でそれぞれ取り上げています。

<横浜国立大学の編入>難易度と合格点

倍率:10倍前後

難易度:難

合格点:80%前後

横浜国立大学では倍率を大学が公表しています。
合格者は15人前後います。

<横浜国立大学の編入>「経済学Ⅰ」対策法

経済学Ⅰ・・・経済理論、経済史、経済政策の基礎的な内容

よくある出題パターンとして社会経済学1問+経済史2問があります。

大学に通っている人は図書館にいって「経済理論、経済史、経済政策」関係の本をとにかくたくさん読みましょう。

<横浜国立大学の編入>経済理論の対策

これらをベースにしつつ、大学で使った教科書などたくさん復習しましょう。

<横浜国立大学の編入>経済史の対策


また高校の日本史・世界史の知識も役立ちます。

<横浜国立大学の編入>経済政策の対策

政策の内容、目的、結果をそれぞれ頭に入れましょう。

これらをひたすら繰り返していけば十分対策になります。

<横浜国立大学の編入>「経済学Ⅱ」対策法

経済学Ⅱはかなり難しい年もあり、合格者0になることも。。。

最初にやるのは「らくらく」シリーズです。

これで基礎レベルは一気に完成させてしまいましょう。


次に遠山先生の「弱点克服 大学生のミクロ経済学」と浅田先生の「マクロ経済学基礎講義」を読みましょう。

加えて経済学の問題演習をやっていきましょう。経済学Ⅱはかなりの計算重視です。計算問題をがっつりとやりましょう。

これらの内容を頭に入れられればきちんと対応できると思います。
横浜国立大学の編入試験の過去問は入手が難しいです。
そのため、他大(神戸大など)の過去問を活用したり、ネット上の問題を解いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました