【後悔エピソード3選】編入試験が終わったら、すぐにやるべきこと!

編入の後悔 編入

編入試験、お疲れさまでした。

今回のテーマは編入試験を終えてからの過ごし方について、「あのときにやっておけばよかった。。。」と後悔していることを、インタビューをもとにまとめていきます!

編入試験後にやらず、後悔していること

編入に合格し、現在大学に通う4年生の方に「編入試験後にやらず、後悔していることはなんですか」

と聞いてみたところ、

その答えは「遊び+就活準備」でした。

それぞれについて、より詳しく見てみましょう。

「編入後、もっと遊んでおけばよかった」

遊びに限った話ではありませんが、

1は私は感じていないので飛ばします。特に旅行をしておけば良かったと後悔される方が多いです。
前大学の土地はなかなか行けないのでふらっと1周するのもいいかもしれませんね。

「ちゃんと就活しておけばよかった」

編入して入学した後は、かなり忙しい生活が待っています。

その理由は「授業の忙しさ+就活(インターン)」です。

まず授業の忙しさについて解説します。

3年から編入すると、卒業までに60以上の単位を取る必要があります。3年前期でマックスまで授業を入れつつ、夏休み前からはインターンの準備も始めなければなりません。

3年前期の期末試験シーズンはインターンの面接などとも被り、地獄のように忙しいとのことです。。。

次に就活について解説します。

一般的な流れとして、3年の夏ごろから様々な企業のインターンに参加し始めます。

インターンに参加するにはエントリーシートを書いたり、面接の練習を始めなければなりません。

そのため勉強以外にもやることが増え、負担が一気に増えてしまいます。

また、TOEICや資格の勉強も始めなければならないため、合間を縫って資格の勉強もしましょう。

特にTOEICは多くの企業で使われるため、取っておきましょう。

編入試験が終わったら、すぐにやるべきこと

編入後、後悔しないためにはどうすればよいかを解説します。

先ほど紹介した内容を踏まえ、以下の3点を心がけましょう。

①資格の勉強・就活準備

②(余裕があれば)授業やテキストの予習

③遊ぼう!

①資格の勉強・就活準備

編入試験後は資格の勉強をしましょう。

編入試験も終わり、ひと休みしたいと思うので、

おすすめの資格はTOEICです。

TOEICがおすすめな理由は2つあります。

1つ目は、就活で幅広く使えるからです。

TOEICはほとんどの学生が就活で使用するため、取っておくべきです。

2つ目は編入試験で勉強しているからです。

これは人にもよりますが、編入試験でTOEICや英語が課される大学は多くあります。

そのため、編入の時に勉強した名残で英単語も覚えていたりするので、TOEICを取る絶好の機会です。また、就活の準備を始めましょう。

具体的には企業分析と自己分析です。

自分がどんな企業を目指し、どんな業種を志望するのか考え始めましょう。

②(余裕があれば)授業やテキストの予習

これは余裕がある人だけで良いですが、授業の予習はしておけば良いでしょう。

授業で使うテキストはシラバスからわかるので、早めに準備して授業の予習をしておくとかなり楽になります。

③遊ぼう!

今回は編入試験が終わったら、すぐにやるべきことについて紹介しました。

「せっかく試験が終わったのに、もう就活かよ」と思うかもしれませんが、遊んだり気分転換しながらこなしていきましょう!

コロナの影響で思うようにならないことも多いですが、遊んだり、趣味に打ち込むのも良いでしょう。

勉強や就活も大事ですが、遊びもはさんでリフレッシュしながら頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました