【東京経済大学 英語編】対策とオススメ参考書 合格最低点はどれくらい?

大学受験
この記事は約2分で読めます。

東京経済大学(東経大)の英語について、難易度、、英検利用、おすすめ参考書、合格最低点を紹介します。

東京経済大学の英語はどんな問題が出る?

・試験時間・・・60分

・形式・・・すべてマーク式

・難易度・・・標準

・大問数・・・8つ(以下の通り)

東京経済大学の英語対策とオススメ参考書

東京経済大学の英語はとても標準的なため、きちんと対策すれば、英語が苦手な人でも合格点に届きます!

長文対策(大問1・2)

おすすめは長文レベル別問題集です。

まずはレベル4から始め、夏休みまでに一周しましょう。

また、単語力に不安がある人はターゲット1900速読英単語(必修編)をやっておくと良いでしょう。

英単語ターゲット1900

速読英単語 必修編

文法・アクセント対策(大問3~8)

文法・アクセント問題対策でのオススメは、Next Stageです!

並べ替え空所補充など様々な形式の問題が出されていますが、Next Stageをやればすべて網羅できます!またアクセント問題にも対応しています!

夏休み前には始め、本番までに最低5周しましょう。何度も繰り返して解くことで実力になります。

東京経済大学の過去問はいつから始めればいい??

過去問を本格的に使い始めるのは、秋からです。

しかし、夏休みには1年分解き、どんな問題が出るのかを知っておきましょう。

本番までに最低でも3年分は解き、東京経済大学が第一志望の人は5年分はやりましょう!

東京経済大学の英検利用入試について

東京経済大学には英検やGTECを利用した入試方式があります。

東経大を受けるなら外部利用入試を使わない手はない!と感じます。

すべての学部で使うことが出来ます!

コメント

  1. […] 【徹底解説!】東京経済大学の英語はどんな問題?難易度は? […]

タイトルとURLをコピーしました