立正大学の対策方法と難易度・合格最低点、穴場学部も教えます!

大学受験
この記事は約4分で読めます。

今回は立正大学の科目別(英語、国語、数学、世界史、日本史、政治経済、物理、化学、生物、地学)対策、英検利用、合格最低点と穴場学部、また過去問の活用方法を紹介していきます!

立正大学<英語編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の英語はとても標準的です。

会話・対話文問題、文法(穴埋め・並べ替え)、長文問題が出題されています。

会話・対話文問題、また文法問題はNextStageで対策しましょう。

長文問題は「英語長文レベル別問題集」がオススメです。

英検利用について

立正大学ではすべての学部で英検やTEAPを利用できます。

立正大学<国語編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

範囲・・・現代文(古文・漢文除く)

立正大学は、教科書レベルの評論が出題されています。

オススメの参考書は「全レベル問題集現代文」です。

Rise方式では記述がありますが、過去問を使って対策すれば十分に対応できるレベルです。

立正大学<数学編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

範囲・・・「数学ⅠA」or「数学ⅠAⅡB」

立正大学の数学は、極めて標準的な問題です。

そのため、教科書を徹底的に繰り返すことが重要です。

Rise方式では記述がありますが、過去問を使って対策すれば十分に対応できるレベルです。

立正大学<世界史編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の世界史は幅広い時代・分野から出題されています。

オススメの参考書は「詳説世界史」です。

Rise方式では記述がありますが、過去問を使って対策すれば十分に対応できるレベルです。

立正大学<日本史編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の日本史は標準的です。

オススメの参考書は、この「センターはこれだけ! 金谷俊一郎の日本史B」です。
この参考書はポイントが凝縮されており、重要語がオレンジで書かれているため、スムーズに暗記出来ます。

Rise方式では記述がありますが、過去問を使って対策すれば十分に対応できるレベルです。

立正大学<政治経済編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の政治経済の対策としてオススメの参考書は「蔭山の共通テスト政治・経済」です。

最低5周はしましょう。

Rise方式では記述がありますが、過去問を使って対策すれば十分に対応できるレベルです。

立正大学<地理編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の地理は教科書レベルです。

オススメの参考書は山岡の地理B教室です。

Rise方式では記述がありますが、過去問を使って対策すれば十分に対応できるレベルです。

立正大学<物理編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の物理は標準的なため、まずは教科書を繰り返しましょう。

問題演習では「物理のエッセンス」を繰り返しましょう。

立正大学<化学編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の化学は標準的な問題ばかりなので、「宇宙1わかりやすい化学」がオススメです!

無機化学編・有機化学編も買いましょう。

立正大学<生物編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の生物は標準的な問題が多く出題されています。

まず教科書を繰り返しましょう。

問題演習にオススメなのは「生物基礎問題精講」です。

本番までに繰り返しましょう。

立正大学<地学編>対策と参考書

形式・・・マーク式

難易度・・・標準

試験時間・・・60分

立正大学の過去問活用法

過去問は夏に1年分やり、本番までに最低3年分は解くようにしましょう。

Rise方式を受ける人は、必ず過去問を解き、対策しましょう。

【難化】立正大学の穴場学部について!

立正大学の穴場学部は地球環境科学部環境システム学科〈生物・地球コース〉で、倍率は1.2倍と低めです。

しかし、理系科目が必須のため、文系には不向きでしょう。

文系におすすめなのは、社会福祉学部社会福祉学科〈ソーシャルワークコース〉で、倍率は2倍程度です。

立正大学はここ数年で倍率が急上昇し、経営学部や法学部では10倍を超える学部も現れています。

「確実に立正大学に合格したい!」という方は受験するのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました