信州大学人文学部の編入対策と難易度・TOEICの得点について

編入対策 編入

今回は信州大学人文学部の人文学部の編入試験について、難易度、TOEIC、面接紹介します。

<信州大学人文学部の編入>試験日

試験日:10/23

<信州大学人文学部の編入>2年次編入はできる?

結論から言えば、出来ま

信州大学人文学部の編入に必要な受験資格を見ていきましょう。

修業年限4年以上の大学において2年以上在学(休学期間を除く。)し(令和4年3月31日までに2年以上在学となる場合を含む。),修得単位が 62 単位以上ある方(令和4年3月31日までに修得見込みの方を含む。)

信州大学 令和4年度 学生募集要項


とあるため、2年次編入はできません

<信州大学人文学部の編入>倍率と合格最低点

・倍率:不明

・合格点:不明

・難易度:やや難

信州大学人文学部の編入試験は、倍率や合格点が不明のため断言できませんが、難易度は標準的と考えられます。

他大のレベルから推測しても、信州大学人文学部に学生が殺到する要因が見当たらないため、それほどの難化を考えにくいと言えます。

試験の半年ほど前から対策すれば大丈夫でしょう。

<信州大学人文学部の編入>試験科目と対策

・TOEIC

・専門科目

・面接

信州大学人文学部の編入試験の対策について解説します。

専門科目は各コースの専門的な内容が出題されます。

面接対策

面接試験では以下のようなことを中心に質問されます。

・志望動機

・現在の大学で学んでいること

・成功体験やアピールポイント

など

このように基本的な質問が多いと言えます。

対策として予備校に通うのも良いでしょう。

<信州大学人文学部の編入>TOEICは必要?

信州大学人文学部はTOEICが必要です。

以下のいずれかを事前に取得しておきましょう。

・TOEIC L&R

・TOEFL(PBT/iBT Special Home Edition 及び Home Edition を含む。)

「~点以上」という制限はありませんが、最低でも目安600点は取っておきましょう。

<信州大学人文学部の編入>過去問

信州大学人文学部は過去問を公開していないため、窓口に行って確認する必要があります。

以下が詳細です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました