【国公立】山形大学人文社会科学部に編入するのはどれくらい難しい?対策と難易度について!

今回は山形大学人文社会科学部の編入試験について難易度や対策方法、過去問の入手方法について紹介します。

<山形大学人文社会科学部の編入>試験日

試験日:10月30日

<山形大学人文社会科学部の編入>2年生から編入できる?

山形大学人文社会科学部の編入に必要な受験資格は以下の通りです。

【受験資格】
1、日本か外国での学士の資格を持つもの
2、4年大学や専門大学において休学期間を除いて2年以上”在学”し63単位以上修得して中退した人およびそれに準ずる人
3、短大または高専を卒業または卒業見込みのもの
4、教員養成課程2年を修了したもの
5、高等学校を修了した人で学校教育法第58条の2に該当する人

条件2からわかるように、 山形大学人文社会科学部は3年生からの編入となります。

<山形大学人文社会科学部の編入>試験対策とTOEIC

・【人間文化コース】口述試験、出願書類

・【グローバル・スタディーズコース】外国語、面接(口頭試問含む)、出願書類

・【総合法律コース 地域公共政策コース 経済・マネジメントコース】 小論文、面接(口頭試問含む)、 出願書類

山形大学人文社会科学部の試験科目は上記の通りです。

外国語(英語)試験は独自問題であり、TOEIC不要です。次に難易度を見てみましょう。

<山形大学人文社会科学部の編入>倍率と合格最低点

・倍率・・・3~5倍程度

・難易度・・・易しい

・合格点・・・不明

山形大学人文社会科学部の編入試験はそれほど難易度が高くありません。

そのため、4~5か月ほど前から独学で対策するのが良いと言えます。

一方、小論文があるため、予備校で添削してもらうのも良いでしょう。

  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました