【国公立】高崎経済大学の編入対策と難易度やTOEICについても徹底解説!

今回は高崎経済大学(高経大)経済学部と地域政策学部の特別選抜(編入・転入学)について、TOEICや倍率などの難易度も含め解説します。

<高崎経済大学の編入>試験日

験日:12月下旬

<高崎経済大学の編入>2年生から編入できる?

高崎経済大学は経済学部、地域政策学部ともに2年次編入と3年次編入をダブル実施しています。

また2年次で不合格でも、3年次で再チャレンジすることも可能です

<高崎経済大学の編入>試験対策 とTOEICの有無

経済学科:経済学+英語+面接
経営学科:経営学+英語+面接

地域政策学部:小論文+面接

高崎経済大学の編入試験は、学科により若干異なります。

経済学部、地域政策学部ともにTOEICは不要です。

<高崎経済大学の編入>倍率と難易度

倍率・・・4倍

難易度・・・やや難

合格最低点・・・不明

高崎経済大学は枠が少ないため、やや難しいと言えます。

特に経済学部は1名しかが合格者がいない年もあり激戦が予想されます。

しかし、試験自体は標準的な問題であるため、独学でも十分対応可能です。

4~6か月前から対策を始めましょう。

経済学部と地域政策学部どっちが簡単?

高崎経済大学は経済学部と地域政策学部の2つで編入試験を実施していますが、簡単なのは地域政策学部です。

科目数も経済学部より少なく、一方で募集人数は多いため受かりやすいと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました