【有名私大】駒澤大学文学部の編入対策と難易度を徹底解説!

編入
この記事は約2分で読めます。

今回は関東有名大学の一つである駒澤大学文学部の編入対策や倍率、難易度、評判についてまとめていきます。

<駒澤大学文学部の編入>難易度はどれくらい?

問題内容:長文(分量少なめ)+文法

難易度:易しい~標準

駒澤大学文学部の英語は、基礎を固めていけば、合格最低点に達することが出来ます。

具体的な対策方法は、以下の通りです。

<駒澤大学文学部の編入対策>長文編

駒澤大学文学部の英語長文は標準的な難易度です。

一語一句訳すのではなく、流れを理解することが大切です。

また、下線が引かれた長文中の語句と同じ意味の語句を選ぶ問題が、駒澤大学文学部では出題されます。

この問題は、その単語が、文中での使われ方を問うています。

選択肢を見る前に語句の意味を推測し、推測と一番近い選択肢を選ぶと良いでしょう。

<駒澤大学文学部の編入>文法編

駒澤大学文学部の編入試験では、文法問題がさまざまな形で問われます。

しかし基礎レベルの内容が多いので、標準的な問題集を繰り返すことが重要です。

オススメは、ネクストステージです。

この一冊を最低5周繰り返し、頭に叩き込みましょう。

繰り返すことで、合格にぐっと近づきます。

<駒澤大学文学部の編入>過去問入手方法は?

編入試験合格に欠かせないのが、過去問です。

駒澤大学文学部の編入過去問は、募集要項の中に1年分同封されており、
ネット上では閲覧できません

以下の駒澤大学公式サイトから募集要項を手に入れることが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました